【移住体験】南阿蘇にあるsoilに宿泊して山の暮らしを体験してきました

皆さんは移住に興味はありますか。

私は30年間、都会で暮らしてきましたが、今年中に田舎へ移住したいと思っています。(詳細はnoteをご覧ください)

そのSTEP1として、海と山のどちらに住むかという選択をしているところです。

今回は南阿蘇にあるsoilで山の暮らしを体験してきましたので、その様子を紹介します。

南阿蘇に到着

13時過ぎに南阿蘇に到着しました。道の駅「あそ望の郷くぎの」からの眺めが絶景です。

チェックインまで時間があったので、ひとまず昼食を食べることに。阿蘇にきたので赤牛丼を食べたいと思っていましたが、道の駅にはありませんでした。

近くの飲食店まで行くことも考えましたが真夏日でとても暑く、できるだけ動きたくないという気持ちが勝ったので、道の駅にあった赤牛のロコモコ丼を食べることにしました。

このロコモコ丼、想像以上に美味しいです。バーベキューソース?がかかっているのでパンチが効いていて、求めていた赤牛丼に近い味だったと思います。コスパも良くて大変満足でした。おすすめです。

soilを選んだ理由

山暮らしで体験したいポイントは大きく3つ。soilならどれも体験できることがわかったのでこの宿を選びました。

  • 美味しい水が飲める(宿の水は地下水で超軟水)
  • 雄大な景色が見える(窓から阿蘇山が見える)
  • 農ある暮らしが体験できる(敷地内に畑がある)

※敷地内に畑がありますが宿の方のご好意でお裾分けしてもらえる、という感じです。勝手に収穫するのはやめましょう。

また、1棟貸しの宿泊施設なので、距離感が必要なこのご時世に有難いですね。

山の暮らしで食べたもの

チェックインを済ませるとアップルパイときゅうりの即席漬をお裾分けして頂きました。cafeも経営されているだけあって、とても美味しかったです。

初日の夕食はアクアパッツァです。まさかでした。

山のスーパーでも魚介類は手に入るのか、という興味本位で行ってみたスーパーみついアスカ本店。意外と品揃えがあり、なかでも鯛とハマグリが新鮮で美味しそうだったのでそういうことに。

トマトとイタリアンパセリは敷地内の畑から頂いた物です。収穫したものをその場ですぐ料理に使える農ある暮らしってやっぱり良いですね。新鮮で美味しいです。

ペトロマックス(PETROMAX)
¥5,640 (2022/09/25 15:47時点 | Amazon調べ)

こちらの宿は500円/日で朝食サービスを頼めるのですが、とても美味しくて量もちょうど良いのでおすすめです。

洋食

トマトのジャムが美味しかったです。

和食

朝食はカフェのスペースを使わせて頂きました。宿で食べることも可能ですが、天気が良ければこちらのスペースがおすすめです。貴族になった気分でした。

山の暮らしでの遊び方

まず思いついたのが温泉でした。もちろん温泉のある海(島)もありますが、山にある温泉は質も景色も個性豊かです。

今回私は、宿の方おすすめの「垂玉温泉 瀧日和」と宿に一番近い「夢しずく」の日帰り温泉を利用しました。

垂玉温泉 瀧日和

宿から車で20分くらいです。山奥にあるので細い道を上ります。たどり着いた先は大きな滝が流れていて自然のパワーを感じられます。

大浴場と家族風呂があります。せっかくここまで来たのだから温泉を満喫しよう、と家族風呂を選択しました。料金は2,500円/時間でした。

お湯は少し熱めでした。窓から見える景色は絶景で、贅沢な1時間でした。

温泉で温まった後は、クールダウン。併設されているカフェでケールのスムージーを注文しました。バナナの甘みで飲みやすくなっていて美味しかったです。

夢しずく

こちらは宿から車で3分くらいの場所にある三つ星ホテルです。徒歩でも移動可能な距離にあります。11時〜15時限定で日帰り温泉の入浴ができるため、人が空いていそうな13時頃に利用しました。料金は600円です。

露天風呂から見える山々の景色は雄大でした。(上図はフロントからの眺めです)

ただ、真夏日の真昼間に行ったおかげで、露天風呂に行くまでの石畳で足を火傷するかと思いました。罰ゲームかと思うくらい熱かったです。

露天風呂を利用したい方は涼しい季節に行くか、宿に宿泊することをおすすめします。

移住体験の感想

美味しいものを食べて、贅沢な温泉に浸かって、山の暮らしを満喫した私ですが、やっぱり海が好きだなぁと思いました。

  • 新鮮な刺身が食べたい
  • 趣味の釣りがしたい

山の暮らしをしながらずっとこの2つが頭から離れませんでした。私の理想の暮らしは上記の2つをどれだけ満たせるかにあるようです。

山の幸の美味しさに気づいて塗り替えられるかも、と思っていましたが、以前行った五島・福江島の野菜も十分美味しかったので、優位性は感じませんでした。

南阿蘇自体はとても素敵な場所だと思います。何度も車を止めて写真を撮りたくなるような景色がそこらへんに転がっています。

おしゃれなカフェやパン屋さんも多くあったので、カフェや温泉巡りが好きな方は、ぜひ一度足を運んで南阿蘇を満喫して欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA