【福江島の旅】玉之浦町で地元の食材を食べたり魚釣りをしてきました

3泊3日で五島列島・福江島に行ってきました。

福江島に行くのは今回で2回目です。

  • 博多からフェリー太古で移動してみる
  • 自転車で奥浦町に行ってみる
  • 初めての玉之浦町に行ってみる
  • 心呼吸のクーポンを使ってみる

玉之浦町に行くことをメインテーマとしつつ、低コストな旅を試みました。

この記事では玉之浦町に行った様子をお伝えしたいと思います。

五島バスで移動する

チェックインの時間が近づいたのでバスを使って移動します。

利用するバスは「五島バス」で港の乗り場に停車してくれます。

目的地の玉之浦町までは約40分の道のりです。

観光協会の人によると、ごく稀に自転車で行く人もいるらしい。

強者すぎる。

料金は片道940円と少し高めです。

終点の荒川に到着しました。

乗り場には温泉の足湯がありますが、この日は暑かったので利用しませんでした。

機会があれば浸かってみたいです。

今回お世話になる宿にチェックインします。

古民家をリノベーションした1棟貸しの宿です。

こういうタイプの宿が1番好きです。

キッチンの調理道具や調味料もかなり充実していました。過去1かもしれません。

暮らすように旅をする

玉之浦町でやりたいことは2つ。

  • 地元の食材を食べる
  • 気軽に釣りを楽しむ

暮らすように旅をすることが目的です。

地元の食材を食べる

今回は短期間&1人なので自炊はせず、買ってきた刺身とサラダを食べます。

この量で1パック300円は離島ならではだと思います。

そしてもちろん美味しい。

ご飯は宿の量り売りでお米を購入して炊飯しました。

米を準備してくれている宿は神。

シンプルな夕食ですが、私はこのスタイルが好きです。

刺身の量なんて明らかに1人前ではないですが、ぺろっと平らげてしまいます。

気軽に釣りを楽しむ

地元の食材に満足した後は、趣味である釣りを楽しみます。

宿の目の前に港があるので、徒歩1分もしないうちに釣り場に到着です。

立地が神。

明るいとこんな感じです。

今回のターゲットはアジです。

週1で買って食べるほどアジが大好きです。

タックルは延べ竿と毛鉤です。

現地でオキアミを買おうと思っていましたが、釣具屋さんがありませんでした。

仕方ないので持ってきていた毛鉤で試してみます。

常夜燈の下に群れている小魚を目掛けて毛鉤を投入します。

最初は興味を示しますが、最終的には見切られてしまいます。

試しにガン玉をつけて沈めてみると・・

ハタンポが釣れました。

毛鉤を使う際は水面ではなく、沈めた方が良さそうです。

同じ要領でアジを狙ってみますが、その後は続かず納竿となりました。

釣果には恵まれなかったものの、延べ竿のポテンシャルを確認することができました。

軽量コンパクトでリールも不要、旅の相棒にピッタリです。

Huerco/フエルコ
¥10,351 (2022/09/30 00:31時点 | Amazon調べ)

次は餌をつけて爆釣を狙いたいと思います。

そして何よりこんなに気軽に釣りができるって、やっぱり島はいいなぁ。

まとめ

未踏の地・玉之浦町で地元の食材を食べて、気軽に釣りをしてきました。

  • 福江港から荒川までバスで約40分
  • 自転車で行けなくもないが結構ハードだと思う
  • 五島は魚も野菜も安くて美味しい
  • 宿にお米の量り売りがあると便利
  • 海の毛鉤は浮かせるのではなく沈める
  • 延べ竿は旅の相棒として活躍してくれそう

暮らすように旅をする、相変わらず楽しいです。

このスタイルをもっと色んな人に体験してほしいと思っています。

過去にも同じようなことをしているので、興味がある方はぜひ覗いてみてください!