たけのこは猪との争奪戦である

春になると生えてくるたけのこ。

煮物にしたり、炊き込みご飯にしたり、天ぷらにしたり。どんな食べ方をしても美味しい。

塩漬けにしておけば日持ちも良くて重宝する食材。

ただ、この時期のたけのこはやたら高い。2本で1,500円はぼったくりだと思う。

そんな高価な食材は買えない。てことで、狩りに行ってみました。

しかし、時すでに遅し。見つけたと思ったら何者かによって食べられた残骸ばかり。

そう、犯人は猪。奴らの食欲は凄まじい。いつか食物連鎖の厳しさを教えてやる・・・!

1時間の格闘の末、戦利品として2本のたけのこをゲット。時給1,500円。

道の駅に持って行くことも考えたけど、ばあちゃんいわく食べごろの大きさということなので、人生初の刺身で食すことにした。

結果:肌が痒くなった

アク抜きが不十分だと、たけのこに含まれるコリンという成分によって痒みが出るらしい。それだ。

ドヤ顔で刺身を準備してくれたばあちゃんの顔が眩しい。

次からは道の駅に売りに行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA