【口コミ】ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて3年使った感想まとめ

楽天モバイルの新料金プラン「楽天最強プラン」が発表されました。

ローミング5GB制限撤廃、デスクトップ版 Rakuten Linkが大きなトピックです。

現役楽天モバイルユーザーとしては嬉しい内容ばかりで、思わず2台目を契約したくなりました。(しません)

これを機に、大手キャリアからの乗り換えを検討している方も多いと思います。

私も知人から、使用感を聞かれることが増えてきました。

この記事では、3年使ってきた感想をまとめています。

身近に利用者がいなくて口コミが気になっていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

結論を先にお伝えすると、

「使いやすい」

「これからも使い続けたい」です。

データ通信の品質

皆さんが一番気になっているのは、データ通信の品質ではないでしょうか。

他社よりも圧倒的に安いため、安かろう悪かろうではないかと、疑ってしまいますよね。

3年間使ってきましたが、使いづらさを感じたことはありません。

比較項目楽天モバイルソフトバンク
人口カバー率98.4%99.9%
プラチナバンドあり
2023年5月時点

人口カバー率が低く、プラチナバンドも持っていないため、差があるように感じてしまいます。

ですが、実態としては、「差を感じない」が、私の使ってきた正直な感想です。

私は都市部に住んでいるので、楽天回線エリアです。

そもそも環境が良いこともありますが、旅行などで遠出をした際にも、ほとんどの地域で繋がりました。

秘境と呼ばれる山奥や離島に行ったときは、さすがに圏外になりましたが、そこはデジタルデトックスして自然を満喫しましょう。

2023年6月からは、ローミング(au回線)も使い放題の対象になります。

仮に楽天回線が繋がらなくても、au回線があれば普段通り使えます。

実質的に人口カバー率が99.9%(大手キャリアと同等)になりますので、データ通信の品質は気にしなくて良いと思います。

データ通信無制限

楽天モバイルに乗り換えてから、データ無制限で過ごしていますが、とても良いです。

楽天モバイルを検討している方は、今は20GBプランを利用していると思います。

でも、20GBでは足りないというのが、正直な感想ではないでしょうか。

私は、月40〜50GBを使用しています。

  • Instagramリール見放題
  • 音楽ストリーミング聴き放題
  • ポッドキャスト聴き放題

現代は、サブスク社会です。20GBで過ごすのは難しいですよね。

ギガ節約のために、課金でオフライン再生ができるサービスもあります。

でも楽天モバイルにして、全サブスク使い放題にした方が、コスパが良いのではないでしょうか。

また、テザリングも無制限なので、Wi-Fiの代わりとしても利用できます。

  • 外出先でパソコン作業
  • 自宅で固定回線代わり

特に、パソコンに繋いで、外出先で作業できるのが良いです。

楽天モバイルが一台あれば、ポケットWi-Fiやルーターを減らすこともできます。

音声通話の品質

楽天モバイルで音声通話をするには2つの手段があります。

  • os標準アプリ
  • Rakuten Link

前者はiPhoneに入っている緑の電話アプリで、後者は楽天モバイル専用アプリです。

緑の電話アプリは他社と変わりません。

楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」は、正直まぁあぁです。

もっと言えば、「以前は悪かったが、最近は問題なく使えるレベルになった」です。

あまり知られていませんが、Rakuten Linkを使えば、通話かけ放題です。

無料で使えるので有り難いのですが、雑音が入って使いづらさはありました。

最近はクリアに聞こえますが、品質に敏感な方は気になるかもしれません。

ただ、個人的にはLINEで電話することが多いので、音声通話をそもそも使わないです。

そのため、デメリットとは感じていません。

先日の会見で、「デスクトップ版 Rakuten Link」のリリースも発表されました。

主にビジネスユーザー向けだと思うので、品質にも力を入れていく予感がしています。

今後は、より改善されていくのではないでしょうか。

そんなの待てないという方には、15分かけ放題プランもあります。

こちらは月1,100円で、os標準アプリが15分かけ放題になります。

ビジネスシーンで取引先とのちょっとした会話などに好評のようです。

低価格は魅力的

楽天モバイルの最大の魅力は「低価格」です。

データ通信無制限&通話かけ放題で、月3,278円は安すぎます。

ソフトバンク時代は月8,000円ほど払っていたので、毎月5,000円の節約。

私は3年間使っているので、累計18万円です。感謝しかない。

上記の通り、不便もないので、最高のコストパフォーマンスです。

低価格の理由とは

これほど安く提供できる理由は、

  • ネット申し込み
  • 店舗は最小限

による人件費の節約が、まず挙げられるでしょう。

でも、それだけなら他社の格安SIMも真似ができてしまいます。

それができずに、楽天モバイルだけがこんなに安いのは、

  • 自社回線(基地局)

のようです。

現在は増設中ということもあり、赤字の要因として注目を浴びていますよね。

楽天モバイルの基地局は、「完全仮想化ネットワーク」。

これから5G、6Gと時代が進んでも、低コストで対応できる仕組みのようです。

大手キャリアが使っている基地局は、変化の度に設備ごと取り替えが必要。

一方で、楽天モバイルの基地局は、設備はそのままでosだけ更新するイメージです。

現在の低価格は一時的かも、と心配になっている方もいるかもしれません。

新しいユーザーを増やすために、企業努力している部分も大いにあると思います。

ですが、上記のようにコストをかけない仕組み作りも進めています。

私は、これからも今の価格帯を続けてくれると信じています。(願望)

楽天モバイルは最強

私が3年間使い続けた感想をまとめると、「楽天モバイル最強」です。

  • データ無制限
  • テザリング無制限
  • 通話かけ放題
  • 3年で18万円節約

楽天モバイルのおかげで、ストレスフリーな生活を過ごしています。

  • Instagramリール見放題
  • 音楽ストリーミング聴き放題
  • ポッドキャスト聴き放題
  • 外出先でポケットWi-Fi代わり

唯一の弱みだったローミング5GB制限も、「Rakuten最強プラン」によって撤廃されます。

つまり、名実ともに「最強」。

現在は、各社低価格プランがありますが、楽天モバイルが参入した影響が大きいはず。

楽天モバイルがいなくなったら、また月1万円が当たり前な時代に逆戻りするでしょう。

絶対、いやだ。

賛否両論ある楽天モバイルですが、間違いなく社会へ貢献しています。

興味を持って頂けたなら、楽天モバイルに仲間入りして、一緒に応援しましょう。

がんばれ、楽天モバイル!

ABOUT US
アバター画像
shuhei
野菜を育てたり、魚を釣ったり、綺麗な海を見たりするのが好きです。ぬちぐすいは「美味しいものを食べたり、綺麗な景色を見て心身ともに満たされる」という沖縄の方言です。要するに「幸せ」の種ってことです。よろしくお願いします!