魚屋さんに教えてもらった「アンコウ鍋」のレシピ

近所の道の駅に行ったら、冬の味覚「アンコウ」が売られていました。

居酒屋さんであん肝ポン酢は食べたことがありますが、身は未知数です。

興味津々の様子で眺めていると、魚屋さんから「美味しいよ!」と一言。

自家製アンコウ鍋を作って、食べてみました。

アンコウ鍋のレシピ

道の駅の魚屋さんが教えてくれた、鍋スープのレシピです。

濃味派:出汁10 醤油:1 みりん:1

薄味派:出汁12 醤油:1 みりん:1

私は薄味で1人前を作りたかったので、以下の分量にしました。

  • 昆布だし 200ml
  • 醤油   大さじ1
  • みりん  大さじ1

鍋の具材には、白菜を入れる予定だったので、出汁はやや少なめにしました。

アンコウ鍋の作り方

STEP

魚屋さんのレシピで鍋スープを準備します。

STEP

今回は一人前なので、写真の半分の量を使いました。

アンコウを湯通しして臭みを取ります。

STEP

白菜、しいたけ、白ネギと一緒に10分ほど煮込んだら完成です。

アンコウ鍋を食べた感想

  • 出汁が効いたスープが最高に美味しい
  • 肝は鍋で食べても美味しい
  • 身はプルプルとした食感を堪能する系
  • 身は感動するほどではないが美味しい
  • 骨が多いので骨取りの皿があると便利
  • 〆のうどんが美味しすぎる

まとめ:鍋スープが美味しい

生まれて初めてアンコウの身を食べられて満足です。

魚屋さん直伝のスープが絶妙にマッチして、とても美味しかったです。

他の魚でも応用できそうなので、これからヘビロテしようと思います。

アンコウの身は淡白なので、唐揚げにも合いそうだなと感じました。

これから旬を迎えるアンコウ。ぜひチャレンジしてみてくださいね!