【読書感想文】人生をより豊かにするためにこれからも絶景の旅と海鮮に投資したいと思いました

読書がマイブームの橋口さいくる(@nuchikusuri)です。

今日は「DIE WITH ZERO」を読んで感じたことを紹介したいと思います。

  • 「人生をより豊かに生きるための方法」をテーマにした本
  • 結論は「今しかできないことにお金を使う」こと
  • 老後のために今を犠牲にして良いのかと悩んでいる20代におすすめ

アリはいつ遊ぶのか

冒頭に寓話「アリとキリギリス」の説明があります。

冬に向けて食糧備蓄に励むアリと、夏である今を楽しむキリギリス。

このストーリーに対して、筆者はある疑問を投げかけます。

「アリはいつ遊ぶのか?」

この寓話の教訓は「将来に備えることも大切」だと推測できます。

なのにどこか「遊んではいけない」という伝えられ方もしていませんか?

特に現代社会において、その風潮が表れていると思います。

働くか遊ぶかの両極端ではなく「適度に働いて、適度に遊ぶ」ことが大切です。

読んで感じたこと

人生をより豊かにする生き方があると筆者は言います。

  • 何を経験すれば幸せかを考えてみる
  • その経験にお金を使う

そして「貯金ゼロ」で生涯を終えることで、豊かな生き方ができるようです。

幸せを先送りにしない、との表現もされていました。

また、経済力&体力&時間の観点から、お金の価値を最大化できるのは26〜35歳のようです。

31歳の私はかろうじて圏内でした。

  • 自然の絶景を見る
  • 美味しい魚を食べる

私の「幸せ」であるこの2点に、これからも積極的に投資したいと思います。

実践したこと

参考までに、この本を読んで私が実践したことも3つ紹介したいと思います。

寿命をシミュレーションする

生きている間に全てのお金を使い切るためには、まず寿命を知る必要があります。

もちろん予測できるものではありませんが、シミュレーションツールがあるので試してみました。

結果、私の寿命は80歳(余命50年)でした。

終盤は体力も衰えているので、夢を叶えるために与えられた時間は30年ほどになりそうです。

意外と短いような気がします。のんびりしてられないですね。

ちなみに寿命カウントダウンアプリもあるようですが、手を出す度胸はありませんでした。笑

まずはシミュレーションをするだけでもいかがでしょうか。

タイムバケットを作る

タイムバケットとは、残りの人生でやりたいことを書き出したリストです。

ただ箇条書きにするのではなく、時間軸も具体的にするところがポイントです。

時間軸を加えることで「何をいつやりたいのか」が明確になりました。

「やりたいことリスト」と違って「いつ(タイミング)」が具体的になるのは良いですね。

直近で何をやる必要があるのかが、イメージしやすくなりました。

ウォーキングを始める

色んな本に書いてあるのですが、この本にも「健康が第一」というワードが出てきました。

  • 健康でいる期間が長いほど多くの経験が積める(=より幸せになれる)
  • 動けない体になってしまってはお金を稼いだ意味がなくなる

運動不足の私はぐうの音も出なかったので、これを機にウォーキングを始めました。

バケットリストにも書いたのですが、バックパックで日本の離島巡りをすることが夢です。

バックパック旅行の体力づくりだ!と考えながら黙々と歩いています。

これまで何回も頓挫したウォーキングですが、目標があるおかげで今回は続いています。

目標があると楽しみながら実践ができるので良いですね。おすすめです!

上記以外にも「寄付は今すぐする」「生きているうちに相続する」が載っていました。

これまでにない視点だったので、とても参考になりました。

まとめ

私は20代の時に沖縄旅行で結構なお金を使っていました。

その代わり「思い出」を得ることができました。

当時の景色やエピソードを思い返せば、数年経った今でも幸せな気持ちになれます。

この本では「人生で1番大切な仕事は思い出づくり」と訴えています。

私も上記のように「記憶の配当」を受け取れているので、この考えには納得です。

体力のあるうちに経験に投資して良かったと、身をもって感じています。

  • 思い出づくりを後回しにしてしまっている
  • 20代の生き方を見つめ直してみたい
著:ビル・パーキンス, 翻訳:児島 修
¥1,515 (2022/09/18 19:23時点 | Amazon調べ)

そんな方におすすめです!