マネークリップとPayPayのキャッシュレス生活は快適です

去年の10月にキャッシュレス生活を始めました。

以前までは現金を使った方が痛みを感じやすいでしょ!という考えで現金主義でした。

ただ本音は、

  • 現金で支払いをするのは手間である
  • 引き出す際に手数料を取られがち
  • 長財布は正直かさ張る
  • 小銭は地味に重たい

小さなストレスがボディブローのように効いていました。

そして、現金を扱うことが気になるご時世です。

これを機にキャッシュレス生活にシフトすることにしました。

それから3ヶ月経ったのですが、とても快適で驚きました。

良さを広めるために使用感をレビューしたいと思います。

財布が「薄い」は正義

私のキャッシュレス生活はクレジットカード7割+PayPay2割+現金1割です。

マネークリップ(財布型)+スマホ+コインケースを持ち歩いています。

まだ現金が必要な場面もあると思って、一旦財布は持つことにしました。

財布はカード5枚とお札が1枚収納できるマネークリップタイプです。

小銭ポケット付きと悩みましたが、コンパクトさを追求してこちらの財布にしました。

私の好きなブランド「sot」で選びました。

薄さはなんと1.3mmです。

ただ、薄さを追求した結果、コインケースが増えました。

使う前はコインケースを別に持つことに抵抗がありましたが、実際は気になりませんでした。

使用頻度が低く、基本はバッグの中に入ったままなので全く邪魔になりません。

一方、財布が薄いというメリットが大きくて満足しています。

これまでは長財布を使っていたのですが、ポケットに入っている時の存在感がケタ違いです。

薄い財布は存在感がないです。(いい意味で)

身軽になったおかげで、歩くことが楽しくなりました。

まさか運動不足解消にも効果があるとは。財布が薄いは正義です。

  • カードポケットは5枚でも足りる(私の例:クレジット2枚、免許証、保険証、交通系IC)
  • 小銭入れが別にあっても使用頻度が低いので気にならない
  • 財布が薄いと歩くことが楽しくなる(運動不足解消になりそう)

PayPayは必須アプリ

そしてキャッシュレス生活に欠かせないのはPayPayです。

クレジットのみで頑張っていたのですが、未導入のところが意外とあったので断念しました。

特に最近は移住先探しの旅で地方に行くので、クレジット未導入の影響を受けます。

(この時はクレジット7割+現金3割だったので、コインケースの煩わしさを感じていました)

そこで導入したのがPayPayです。

  • 口座と紐づけるのは抵抗がある
  • 使えるところが少ない気がする
  • 自分で金額入力をするのは抵抗がある

使う前はネガティブなイメージでしたが、覆されました。

  • ATMチャージをすれば口座と紐づけしなくても使える
  • 離島の個人商店でも使えるような普及率の高さ
  • 慣れれば金額入力の抵抗も減る

1番驚いたのは普及率の高さでした。

クレジットはNGだけど、PayPayならOKというお店が結構多かったです。

メルペイや楽天Payも見かけましたが、PayPayがダントツで多かったです。

地方に移住したらクレジット3割+PayPay6割+現金1割になりそうという感触です。

そして最近知ったのですが、PayPayグルメを使えば導入店舗を検索することもできそうです。

PayPayがあるか無いかを事前に知りたかったので、この機能は便利ですね。

実際に使った店舗はちゃんと表示されていたので、精度も高いです。

地元系のバスが課題

クレジット+PayPay+交通系ICを持っていれば、ほぼキャッシュレス決済が可能です。

ただ、地元企業が運営しているバスは現金決済になることが多いです。

交通系ICを導入していても、県内限定のICカードしか使えないということがありました。

他地域のICカード利用OK、もしくはPayPay導入になることを期待したいと思います。

まとめ

キャッシュレス生活は快適です。

もう現金生活には戻れないです。

  • 現金を取り出さなくていい生活は効率が良い
  • ATMで手数料を取られなくなった
  • ポケットが軽くなって歩くことが楽しい
  • 現金の衛生面が気にならなくなった

まだ残っている現金1割をゼロにするために、これからも情報収集を続けたいと思います。

現金派だった私も今ではキャッシュレスの虜です。

気になっている方はぜひ。PayPay、PayPayグルメともにおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA