【簡単】サビトールで出刃包丁のサビを落としてみました

先日、種子島遠征で包丁を購入しました。

鋼製の包丁なので、錆びさせない方法・錆びた時の対処法も聞きました。

  1. 使用後はできるだけ早く食器用洗剤で洗う
  2. 熱湯をかけてさらに汚れを落とす
  3. 食用油を塗る(サラダ油でも可)
  4. 長期保管する際は新聞紙で包む
  5. サビが出てきたらサビトールで磨く

この時買った包丁はまだまだ綺麗な状態ですが、自宅にある出刃包丁は錆びてしまっています。

教えてもらった⑤サビトールをさっそく試してみることにしました。

サビトールを購入

まずはサビトールをAmazonで購入しました。

細目・中目・荒目の3タイプがありますが、刃物屋さん曰く、中目だけで良いとのことでした。

刃物屋さんが言うのだから間違いない。

裏面を見ると、包丁のサビ落とし以外にも使えるみたいですね。

  • 包丁類
  • 流し台
  • 自転車
  • タイル目地 など

個人的には自転車と兼用にするのは気が引けるので、我が家では包丁専用としました。

包丁と包丁以外の2つあると便利かもしれませんね。

中京研磨
¥428 (2022/09/24 10:36時点 | Amazon調べ)

包丁の錆びを落とす

一年前に購入した出刃包丁です。

鉄製の包丁はしっかり乾かしたつもりでも、時間が経つといつの間にか錆びていますよね。

これからサビトールで錆びを落としていきます。

サビトールを水で濡らして、消しゴム感覚で磨いていくだけです。

とても簡単です。

錆びの程度も軽かったので、5分ほどで磨き終わりました。

めちゃくちゃ綺麗です。

楽しくなってきたので、刺身包丁にも使ってみました。

サビトールはおすすめ

10分ほどで2本の包丁のサビが落とせました。

  • 消しゴム感覚で磨けて楽ちん
  • 柔らかい素材なので刃物が傷つきにくい
  • 綺麗に錆びが落とせた

特に手軽にできるところは嬉しかったです。

重曹や砥石に比べて簡単で、すきま時間にサビ落としができてしまいました。

  • 錆びた包丁を持っている
  • メンテナンスが面倒で鋼製の包丁をためらっていた
  • 重曹や砥石のメンテナンスが面倒で放置していた

そんな方におすすめです。

一家に一ついかがでしょうか。包丁のメンテナンスが楽しくなりますよ!

中京研磨
¥428 (2022/09/24 10:36時点 | Amazon調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA